逢坂のさねかづら、あかねさす紫野へ
文学の景色をあつめる旅

湖国中南部の東近江市西部、近江八幡市東部、竜王町などの愛知川中流左岸の土地を「蒲生野」と呼び、
またそこは「ムラサキ」(紫色を発色させる染料)が広い範囲で栽培されていた地とされています。
かの額田王が「あかねさす紫野行き標野行き…」とうたった「君が袖振る」舞台と言われている場所です。
また、京都南部の山城国と近江国を結ぶ関所であり同時に東海道と中山道の2本を通す逢坂の関は、
平安の昔から重要な地であり、枕詞として歌に、物語に多く登場します。
逢坂の関から京都側に越えた場所にある四宮は、仏道と音楽に深い目の見えない親王へ、
在原業平と思しき「右の馬の頭なりける人」が歌を詠んだ伊勢物語の舞台です。
今回のツアーでは、歌や物語の舞台、歌人ゆかりの地を訪問します。自らの脚で体感する行程です。
ぜひご参加ください。

募集要項

旅行期間

2020年6月18日(木)~6月19日(金) 2日間

旅行代金

おひとり様 63,200円(会員・一般同額/1名1室料金) 

発着地

集合/JR大津駅 解散/近江八幡駅

最少催行人数

15名様

添乗員

1名 終日同行

食事条件

朝1回・昼1回・夜1回

募集締切日

2020年5月15日(金)

利用ホテル

大津プリンスホテル

同行講師

湖南市在住 近江文学研究家 いかいゆり子氏

利用バス会社

MKタクシー(1日目)近江鉄道株式会社(2日目)

旅行代金に
含まれるもの

宿泊代、食事代(お飲み物代は含まれません)、
四ノ宮巡りガイド料、講師料、拝観料、貸切バス代金
及び乗務員の諸経費、タクシー送迎費、添乗員費用

企画監修

NHK文化センター

ページの先頭へ戻る

行程表

<ご注意>
今回のツアーはとてもよく歩きます。
1日目:寂光寺の拝観を終え、山科駅に到着してからは全行程が徒歩になります。
    スニーカーなど歩きやすい靴でお越しください。
2日目:専用バスにて移動ですが、船岡山、妹背の里も少しだけ歩きます。


<国内旅行総合保険につきまして>
当ツアーには、旅行期間中、安心してご参加頂けるよう、万が一の備えとして国内旅行総合保険を付保しております。
付保される保険の内容は下記の通りとなりますので予めご確認をお願いいたします。
引受保険会社:AIG損害保険株式会社
死亡・後遺障害保険金額:525万円 入院保険金日額:7,500円
通院保険金日額:5,000円 賠償責任保険金額:3,000万円
(注)旅行期間中とは、所定の集合地から所定の解散地までになります。 それ以外の期間は対象外となります。

日次 月日曜 時刻 摘要

1

2020年
6/18
(木)

11:45









17:30

■大津駅 琵琶湖口改札(北口)集合。
 無料シャトルバスで大津プリンスホテルまで行き、荷物をホテルへ預けてから、
 タクシーに乗ります。
■寂光寺にて藤尾の摩崖仏を拝観。白洲正子も拝顔した、優しいお顔立ちの石仏です。
■タクシーにて山科駅へ。以降は徒歩・公共交通機関での行程になります。
■ガイドの小谷さんと一緒に四宮めぐり。伊勢&今昔物語の舞台を散歩しましょう。
■四宮駅から京阪京津線にて大谷駅へ行き、蝉丸神社、逢坂の関、
 上・下の蝉丸神社(蝉丸歌碑・紀貫之・小野小町歌碑)、
 牛塔、長安寺(小野小町の供養塔)、蓮如上人ゆかりの近江の古木、
 宮内庁御用達の漬物店「八百与」の見学など。
■近江牛レストラン「くすたろう」にて、いかい先生と夕食懇談会。
 講座「額田王と大海人皇子の蒲生野」予定。
■大津プリンスホテル到着

2

2020年
6/19
(火)

09:00











17:30

■朝食後、ホテル出発。
■押立神社 開基は奈良時代後期、大門と本殿は国の重要文化財です。
(文屋朝康、康秀歌碑)
■市神神社 聖徳太子が自ら神像を刻み、商いの道を教えたとされと伝わる神社。
(額田王万葉歌碑)
■昼食
■万葉の森船岡山「あかねさす紫野」贈答歌の舞台、蒲生野とされる場所。
(額田王・大海人皇子万葉歌碑)
■妹背の里 同じく蒲生野とされる場所。(額田王・大海人皇子万葉歌碑)
■雪野山大橋欄干(交通状況により車窓のみの場合もございます)
 額田王と大海人皇子 歌碑像
■ラコリーナ近江八幡 7世紀から21世紀へ。最新の近江を少しだけ見てみましょう。
■近江八幡駅解散

ページの先頭へ戻る

お申し込み手順

(1) お申込書を弊社宛、FAX・郵送・メールのいづれかの方法でお送り下さい。

日放ツーリスト
FAX: (03)3481-7664
honsha@nippo-tourist.co.jp

(2) 旅行代金全額を日放ツーリストへお振込み下さい

<銀行>
みずほ銀行 東京営業部
普通預金 2717288
「日放ツーリスト」

(3) 参加申し込み手続き完了

*申込書及び申込金の双方を受領した後に正式な参加申込となります。ご注意下さい。

ご旅行条件(要約)

※お申込みの際には、必ず旅行条件書(全文)をご一読の上お申込みください

■募集型企画旅行契約

この旅行は、株式会社日放ツーリスト(東京都渋谷区神山町4-14第三共同ビル、観光庁長官登録旅行業第665号、以下当社という)が企画・実施する旅行であり、この旅行に参加されるお客様は当社と募集型企画旅行契約を締結することになります。また、旅行条件は下記によるほか、別途お渡しする旅行条件書(全文)出発前にお渡しする最終旅行日程表及び、当社募集型企画旅行契約の部によります。

■旅行のお申し込み及び契約成立時期

  • (1)当社所定のお申込書に所定の事項を記入し、お申込金または旅行代金を添えてお申込みいただきます。お申込金は旅行代金残金ご請求の際差し引かせていただきます。
  • (2)電話、郵便、FAXによる申込みの場合、電話による予約申込みの翌日から起算して3日以内に申込書と申込金を提出しない場合は当社は申込みがなかったものとして取り扱います。
  • (3)旅行締結は当社が契約の締結を承諾し、申込金を受領したときに成立します。
  • (4) 申込金

    旅行代金

    お申込金

    3万円未満

    6,000円

    6万円未満

    12,000円

    10万円未満

    20,000円

    15万円未満

    30,000円

    後日ご都合にて旅行の取り消しをされた場合は、所定の取消料を除く金額をご返金させていただきます

■取消料

お客様のご都合でお取消になる場合は、下記の取消料をお支払い頂きます。

旅行開始日の前日より起算して21日目にあたる日以前の解除

無料

20日目にあたる日から8日目までの解除

旅行代金の20%

7日目から2日目までの解除

旅行代金の30%

前日の解除

旅行代金の40%

出発日当日の解除

旅行代金の50%

旅行開始後の解除または無連絡不参加の場合

旅行代金の100%

■旅行代金に含まれるもの

旅行日程に明示した運送機関の運賃・料金(注釈のない限りエコノミークラス)、宿泊費、食事代、見学料及び消費税諸税※上記費用はお客様の都合で一部ご利用にならない場合も払戻する事は出来ません。

■特別保障

当社は、当社または当社が手配を代行させた者の故意または過失の有無に関らず、募集型企画旅行約款別紙特別補償規定に基づき、お客様が募集型企画旅行参加中に急激且つ偶然な外来の事故により、その身体、生命または手荷物上に被った一定の損害について、以下の金額の範囲において、保証金または見舞金を支払います。
死亡保証金:1,500万円 ・入院見舞金2~20万円 ・通院見舞金1~5万円 ・携行品損害補償金:お客様1名につき~15万円(但し、補償対象品1個あたり10万円を限度とします。)

■国内旅行保険の加入について

ご旅行中、病気や怪我により多額の治療費がかかる場合があります。また、事故の場合加害者への損害請求や賠償金回収が困難な場合があります。これらを担保するためお客様個人で充分な額の国内旅行保険に加入されることをお勧めします。

■事故等のお申し出について

旅行中に事故などが生じた場合には直ちに添乗員、現地係員等旅行サービス提供機関、弊社へ通知ください。

■個人情報の取り扱いについて

当社は旅行申込の際に提出された申込書等に記載された個人情報について、お客様との間の連絡のために利用させていただくほか、お客様がお申し込みいただいた旅行において運送・宿泊機関等の提供するサービスの手配及びそれらのサービスの受領のための手続きに必要な範囲内で利用させていただきます。このほか当社では①商品やキャンペーンのご案内②旅行参加後のアンケート③統計資料の作成にお客様の個人情報を利用させていただくことがあります。

■旅行条件・旅行代金の基準

この旅行条件は2020年1月30日を基準としています。
また、旅行代金は2020年1月30日現在有効な運賃・規則を基準に算出しています。



※お申込みの際には、必ず旅行条件書(全文)をご一読の上お申込みください

詳しい資料請求・お申込み・お問合せはお気軽に下記へご連絡ください

■旅行企画・実施

株式会社 日放ツーリスト

観光庁長官登録旅行業665号 (社)日本旅行業協会正会員
総合旅行業取扱管理者 對比地 謙太

〒150-0047
東京都渋谷区神山町4-14 第3共同ビル
(営業時間9時30分~18時00分・土・日・祝日休)
TEL:03-3481-7666
FAX:03-3481-7664

担当:前野

ページの先頭へ戻る