国内旅行
海外旅行

海外出張の手配をしたい
業務渡航

困ったときは



海外旅行

杉本 龍之

作曲家・指揮者 東京生まれ。国立音楽大学卒業。
南京師範大学音楽学院客員教授。上海師範大学客員教授。
常任指揮兼音楽監督/「FORESTA」/
弦楽合奏団「アンサンブル・ステラ」

日フィル、東京フィルとのベートーベン第九交響曲で指揮活動を開始。以後、合唱、ブラスバンド、オーケストラの指揮活動を続けている。また、「音を楽しむのが音楽」の持論のもと、雑誌への執筆や生涯学習、家庭教育に関わる講演を日本全国で行っている。

作曲分野では、日本を代表する滝廉太郎、山田耕筰、成田為三らの流れを汲む恩師、岡本敏明の下で作曲法、指揮法の指導を受ける。「からたちの花」「浜辺の歌」「どじょっこふなっこ」といった日本特有のメロディーは直系の弟子である杉本の作風に脈々と受け継がれている。

透明感のある和音と言葉の流れを大切にした曲作りは、日本での演奏会、テレビの音楽番組担当をはじめ海外でも高い評価を得ている。

*1994年カーネギーホールコンサートの取材を受けNHK「おはよう日本」NHKラジオに出演。
*BS日テレ「日本こころの歌」音楽監修。(毎週月曜 夜10時〜11時放送)