小和田哲男先生と行く!
「四国 土佐の名城 “高知城” “岡豊城” “中村城”を訪ねる旅」

旅のおさそい

土佐の「国司大名」一条氏の居城のほか、戦国大名長宗我部氏の居城と織豊
大名山内氏の時代の異なる三つの城を訪ねます。

小和田 哲男

小和田 哲男先生

プロフィールはこちら

募集要項

 

旅行期間

2022年1月25日(火)~1月26日(水) 1泊2日

旅行代金

2~3名1室利用:67,000円/1名1室利用:69,800円
*会員・一般同額

旅行代金に
含まれるもの

ホテル1泊・朝食1回・昼食1回・夕食1回
専用バス代・見学費・添乗員費用

集合解散場所

高知空港 又は JR高知駅

募集人員

20名(最少催行人数15名)

募集締切

2021年12月24日(金) ※定員になり次第締め切りとなります。

添乗員

集合(高知空港)から解散(高知空港)まで同行致します。

宿泊先

新ロイヤルホテル四万十 ℡:0880-35-1000
*四万十市にあるシティーホテルです。 大風呂もあります。

利用予定バス会社

とさでん交通

*最小催行人数に達し催行決定となりましたらお客様にご連絡させていただきます。
 ツアー催行決定後にお客様ご自身にて集合解散場所までの交通手配(新幹線等)をお願いいたします。


【旅座ご参加の皆様に付保される国内旅行総合保険のご案内】
日放ツーリストが企画・実施する「旅座」(国内募集型企画旅行)にご参加される皆様には、
当ご旅行期間中(注)、安心してご参加頂けるよう、万が一の備えとして国内旅行総合保険を付保しております。
付保される保険の内容は下記の通りとなりますので予めご確認をお願いいたします。
なお、補償内容が不足とお考えの方は追加して保険をお申し込みいただけますので担当者までご相談下さい。
(引受保険会社:AIG損害保険株式会社)
死亡・後遺障害保険金額:525万円
入院保険金日額:7,500円
通院保険金日額:5,000円
個人賠償責任保険金額:3,000万円
(注)旅行期間中とは、所定の集合地から所定の解散地までになります。それ以外の期間は対象外になります。


※旅座商品をお申し込みの全てのお客様(幼児含む)が対象となります。
※この保険は日放ツーリストが引受保険会社と別途契約する国内旅行傷害保険に基づいて補償されます。

ページの先頭へ戻る

行程表

日次 月日曜 摘要 食事

1

2022年1/25(火)

高知空港(11:40集合/11:50出発)~~~JR高知駅(12:40集合/12:50出発)~~~ 「中村城(土佐の小京都)・四万十市立郷土博物館」(見学)~~新ロイヤルホテル四万十<泊>

*夕食前、小和田先生よりミニ講座開講(30分程度予定)

×

夕食

2

1/26 (水)

ホテル(8:00発)~~「雪蹊寺」(見学)~~「高知城(100名城) 天守・懐徳館・東多門・廊下門」~ ~~~高知市内(昼食)~~~「岡豊城(続100名城)・県立歴史民俗資料館」(見学)~~~ ~JR高知駅(16:30頃解散予定) ~~~ 高知空港(17:10頃解散予定)

朝食

昼食

※上記行程は、当日の道路事情や天候等により余儀なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染対策について

下記事項に該当する方は、ご参加をご遠慮頂いております 。 あらかじめご了承ください 。
新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触が判明した方 、
同居家族や身近な知人に感染が疑われる場合がある方 、
ツアー出発日から過去14 日以内に政府から入国制限 、入国後の観察期間を必要とされている国 、
地域等への渡航ならびに当該在住者との濃厚接触がある方、
ツアー当日 37.5 度以上の発熱がある方(集合時及び出発時 、 非接触型体温計にて検温をさせて頂きます 。)

※上記理由によるお取消の場合でも 、 規定通りの取消料を申し受けます 。
※公的機関 保健所等 から新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とする要請がある場合 、 お客様の個人情報を提供する場合があります 。
※ツアー中は 、 マスクまたはそれに準じるものを各人様にてご用意頂き 、 着用をお願いします 。
ただし、 気温の上昇等により呼吸が困難になる場合はその限りではありません 。
バス乗車時 、 会話の際は必ずマスク着用をお願いします 。
※手指消毒など 、 訪問施設の感染予防対策にご協力をお願いします 。

ページの先頭へ戻る

お申し込み手順

(1) お申込書を弊社宛、FAX・郵送・メールのいづれかの方法でお送り下さい。

㈱日放ツーリスト 菅原宛
FAX:(03)3481-7664
yoyaku@nippo-tourist.co.jp

(2) 申込金(15,000円)又は旅行代金全額を㈱日放ツーリスト宛お振込下さい。

<銀行>
みずほ銀行 東京営業部
普通預金 2717288
「日放ツーリスト」

(3) 参加申し込み手続き完了

*申込書及び申込金(旅行代金)の双方を受領した後に正式な参加申込となります。ご注意下さい。

ご旅行条件(要約)

※お申込みの際には、必ず旅行条件書(全文)をご一読の上お申込みください

■募集型企画旅行契約

この旅行は、株式会社日放ツーリスト(東京都渋谷区神山町4-14第三共同ビル、観光庁長官登録旅行業第665号、以下当社という)が企画・実施する旅行であり、この旅行に参加されるお客様は当社と募集型企画旅行契約を締結することになります。また、旅行条件は下記によるほか、別途お渡しする旅行条件書(全文)出発前にお渡しする最終旅行日程表及び、当社募集型企画旅行契約の部によります。

■旅行のお申し込み及び契約成立時期

  • (1)当社所定のお申込書に所定の事項を記入し、お申込金または旅行代金を添えてお申込みいただきます。お申込金は旅行代金残金ご請求の際差し引かせていただきます。
  • (2)電話、郵便、FAXによる申込みの場合、電話による予約申込みの翌日から起算して3日以内に申込書と申込金を提出しない場合は当社は申込みがなかったものとして取り扱います。
  • (3)旅行締結は当社が契約の締結を承諾し、申込金を受領したときに成立します。
  • (4) 申込金
    このたびのご旅行では、一括払いにてお願い致します。後日ご都合にて旅行の取り消しをされた場合は、所定の取消料を除く金額をご返金させていただきます。

■取消料

お客様のご都合でお取消になる場合は、下記の取消料をお支払い頂きます。

旅行開始日の前日より起算して21日目にあたる日以前の解除
(日帰りに当たっては11日目)

無料

20日目にあたる日から8日目までの解除(日帰りに当たっては10日目)

旅行代金の20%

7日目から2日目までの解除

旅行代金の30%

前日の解除

旅行代金の40%

出発日当日の解除

旅行代金の50%

旅行開始後の解除または無連絡不参加の場合

旅行代金の100%

■旅行代金に含まれるもの

旅行日程に明示した運送機関の運賃・料金(注釈のない限りエコノミークラス)、宿泊費、食事代、見学料及び消費税諸税※上記費用はお客様の都合で一部ご利用にならない場合も払戻する事は出来ません。

■特別保障

当社は、当社または当社が手配を代行させた者の故意または過失の有無に関らず、募集型企画旅行約款別紙特別補償規定に基づき、お客様が募集型企画旅行参加中に急激且つ偶然な外来の事故により、その身体、生命または手荷物上に被った一定の損害について、以下の金額の範囲において、保証金または見舞金を支払います。死亡保証金:1,500万円 ・入院見舞金2~20万円 ・通院見舞金1~5万円 ・携行品損害補償金:お客様1名につき~15万円(但し、補償対象品1個あたり10万円を限度とします。)

■国内旅行保険の加入について

ご旅行中、病気や怪我により多額の治療費がかかる場合があります。また、事故の場合加害者への損害請求や賠償金回収が困難な場合があります。これらを担保するためお客様個人で充分な額の国内旅行保険に加入されることをお勧めします。

■事故等のお申し出について

旅行中に事故などが生じた場合には直ちに添乗員、現地係員等旅行サービス提供機関、弊社へ通知ください。

■個人情報の取り扱いについて

当社は旅行申込の際に提出された申込書等に記載された個人情報について、お客様との間の連絡のために利用させていただくほか、お客様がお申し込みいただいた旅行において運送・宿泊機関等の提供するサービスの手配及びそれらのサービスの受領のための手続きに必要な範囲内で利用させていただきます。このほか当社では①商品やキャンペーンのご案内②旅行参加後のアンケート③統計資料の作成にお客様の個人情報を利用させていただくことがあります。

■旅行条件・旅行代金の基準

この旅行条件は、2021年9月現在を基準としております。
又、旅行代金は2021年9月1日以降に適用する運賃・料金・規則を基準としております。



※お申込みの際には、必ず旅行条件書(全文)をご一読の上お申込みください

詳しい資料請求・お申込み・お問合せはお気軽に下記へご連絡ください

■旅行企画・実施

株式会社 日放ツーリスト

観光庁長官登録旅行業665号 (社)日本旅行業協会正会員
総合旅行業務取扱管理者 土子 伸一郎

〒150-0047
東京都渋谷区神山町4-14 第3共同ビル
(営業時間9時30分~18時00分・土・日・祝日休)
TEL:03-3481-7666
FAX:03-3481-7664

担当:菅原 仁

ページの先頭へ戻る